HySPEED
ママが選んだ、強くて優しい工法!
HOME > 地盤改良の問題点 > 環境汚染問題
環境汚染問題(土壌汚染問題)
発がん性物質「六価クロム」の発生が懸念されています
平成12年3月24日、国土交通省が国土交通省直轄工事(公共工事)において、地盤改良へのセメントの使用に関して規制を与えました。この規制によると地盤改良にセメントを使用する際、事前に六価クロムが発生しないかどうかを溶出試験によって測定しなさいというものです。しかし、民間工事においてはこのような規制はされておらず、六価クロム溶出試験はされていないのが現状です。六価クロムとはセメントと土を混ぜると発生するといわれ粘性土(火山灰)でよく発生します。山土にポルトランドセメントを混ぜれば、30パーセント以上の確率で環境基準(0.05mg/l)を超える六価クロムが発生します。

イメージ六価クロムの発生メカニズムは、セメント系固化処理土検討委員会「セメント系固化処理土に関する検討 最終報告(案)」より以下のように記載されています。「セメント改良土の場合は、改良の対象となる土の粘土鉱物や有機成分の影響により水和物の生成が阻害され、その結果、水和物により固定されなかった六価クロムが溶出する事がある。その阻害の土合は粘土鉱物や有機成分の質や量に因るが、火山灰質粘性土を改良した場合に溶出しやすいとされるのは、火山灰質根粘性土が水和反応に必要なCaイオンを吸着し、水和物の生成を著しく阻害する粘土鉱物(アロフェンなどの非結晶質粘土鉱物)を多く含有するためである。」
六価クロムとはどんな物質か?
六価クロムとは、かつて重大な社会問題となったアスベストと並ぶ二大発ガン性物質として、LARC(国際ガン研究機関)及びEPA(米国環境保護庁)によりリストアップされている有害物質。
本当に六価クロムは発生するのか?
セメント系固化処理土検討委員会、「セメント系固化処理土に関する検討 最終報告書 (案)」によると、施工前の溶出試験果では、固化材の種類や土質により、土壌環境基準を 超える六価クロムの溶出濃度や試料の割合が異なる。特に、固化材では普通ポルトラン ドセメントにおいて、土質では火山灰質土において溶出の割合が高い傾向にある。と記 載されています。
六価クロム対策の現状は?
大手ハウスメーカー(S社、M社、D社)は、六価クロム問題に対して即座に対応。セメントを使用する際に、材料指定(六価クロム対策固化材の指定)
材料指定で対応はできるのか?